空きビンをリメイクする刺激的なアイデアのまとめ

0260_upcycled_bottle

形はかわいいのにそのまま使うのにはチョット抵抗が…なんて普段ならゴミ箱へ直行してしまう空きビン、もしかしたら活用出来るかもしれませんよ!

今日は、空きビンをリメイクする方法をまとめてみました。もちろん、瓶の大きさや形は自由だし、使い道は花瓶じゃなくてもあなた次第♪

1. マニキュアの瓶をリメイクして一輪挿しにリメイク

マニキュア瓶を一輪挿しにリメイク
DIY: Flower Bud Vases from Nail Polish Bottles
中身が完全に乾いてたり、少しだけ残ってて使わないままのマニキュア、探せばあるある^^;
この際中身を完全に出して乾かして、キュートな一輪挿しにリメイクっていうのは、ナイスアイデアですよね〜♪

ふたを締める部分にストリングを巻いてワンポイントにボタンやビーズをつけるっていうアイデアが素晴らしい!これだけでも十分かわいいかも?!

2. マスキングテープとラッカーでリメイク

マステとラッカーで空きビンリメイク
Up-Cycle Craft – Wedding Centrepiece and Table Numbers
こちらもラッカーを使ってボトルをペイントするって言うリメイク術です。
マスキングテープの範囲を変えて、数回違う色でペイントするっていうのも面白そうです♪
マステでシルエットを使ってそれを活用するのもいいかもしれませんね。

シルエットの作り方は、こちら↓を参考までに。
マスキングテープの活用法:オリジナルステッカーにしてみよう!

3. アクリルペイントでリメイク

アクリルペインとでリメイク
Upcycled Vases
液状のアクリル絵の具(アクリルペイント)をボトルの内側に垂らして表面を色づけ、余ったペイントは出して乾かすだけ!何ともお手軽です!

普通のアクリル絵の具では無理そうだし、このボトルに入った絵の具って手芸屋さんで見かけたことがあるような…と少し調べてみたら、トールペイントに使われるセラムコートというやつでも出来そうな感じがしますね。

乾燥すれば水に溶けない性質ってことは、出来そう!
つくる楽しみで100円で購入出来るならちょっと試してみたいと思ってます^o^b

4. アルコールインクでリメイク

アクリルペインとでリメイク
Upcycle // Cool Jar Series – Part I
アルコールインクをフェルトパッドにつけてペタペタと瓶に押していくだけ。見事です!
やってみたくてたまらない!

気になるのがボトルに入った液体のアルコールインクとやら…。
これって、ガラスとか金属に使えるステイズオンのインカーでいけるんじゃないかな…。
※インカー:インクパッドの補充液

いや、むしろスタンプを押したっていいんだと思う^^;

欧米のマッキーみたいなシャーピーという油性ペンとエタノールからアルコールインクを作る方法もあるようで、やってみたいと思ったけど、瓶の中で混ぜてて色移りしてないのを見ると、それは無理そうです。

5. ペーパーナプキンでデコパージュしてリメイク

ここまで見てみると、「あ、デコパージュもいいんじゃない!?」なんて…^^;
以前STUDIO PACOTで紹介したことがあるデコパージュ記事はこちらの4つ。参考までに♪

ペーパーナプキンでプラスチックの小物入れにデコパージュ
ペーパーナプキンで陶器にデコパージュしてみました
100均のiPhoneケースをデコパージュする方法
トランスファーコート(転写液)を使って、デコパージュ石けん作りを試してみた

いやぁ、空きビンのリメイクもなかなか奥が深いですね〜。

今回のまとめは私自身がかなり刺激を受けてて、特にアルコールインクのやつはやってみたい!実際ゴミになったとしても、もともと捨てようと思ってたものの活用だし、何だか面白そうなんだもん^o^/

みなさんも、ぜひ挑戦してみてください♪
それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す