封筒の活用法:蛇腹式レシートホルダーの作り方

0181_thumbnail

お店で見かけたかわいい商品、なんだか自分でも作れそう…って思う時ありませんか?

全く同じものはできなくても、似たようなものを自宅にある材料で簡単に作れないかなと試行錯誤をするのがとにかく楽しい!


ということで、今日は蛇腹式のレシートホルダーを作ってみました。
封筒を折って重ねただけなんですけど、なかなかそっくりなものに仕上がってテンションアップです。
0181_封筒でつくる蛇腹式レシートホルダー
それでは作り方をみていきましょう。

蛇腹式レシートホルダーの作り方

STEP01:封筒でじゃばらホルダーをつくる
まずは、封筒に線を引いて立体的にしたものを5つくらい用意します。
一週間分のレシートをためてきたい…なんて目的がある場合は、曜日ごとに収納できるように7つ用意するのもいいですね♪
0181_蛇腹式レシートホルダー作り方_01
詳しい折り方は、以前アップした「普通の封筒を折って立体的にする方法」を参考にしてください。

封をする部分は、袋の内側に折り込んでおいて、のりでひとつずつ接着します。
0181_蛇腹式レシートホルダー作り方_02
重ねただけで、もう蛇腹のホルダー部分ができあがり。
この立体をする一手間を加えることで、中身を取り出しやすくなります。
0181_蛇腹式レシートホルダー作り方_03

STEP02:厚紙でカバーをつくる
1mm厚紙や工作用紙をでカバーを作ります。背になる部分を2cmくらい加えた状態で、二つ折りにした時に封筒より一回り大きくなるサイズにカットします。あとで曲げやすいように目打ちで線を引いておくのがポイントです。
0181_蛇腹式レシートホルダー作り方_04
外側の布をはります。折りしろを1,2cmつけた状態で四隅をカットしてから、内側に貼付けます。
0181_蛇腹式レシートホルダー作り方_05
内側は、布の代わりに一回り小さい画用紙を貼ります。定規を使って少しずつ折り曲げて、丸みがついた状態で2つ折りにします。
0181_蛇腹式レシートホルダー作り方_06

STEP03:ゴムをつける
カバーの中央に目打ちで穴をあけ、ひも通しを使ってゴムの両端を外から内へ入れて結んでおきます。
0181_蛇腹式レシートホルダー作り方_07
あとは、のりで蛇腹ホルダーとカバーを接着すれば出来上がりです。
0181_蛇腹式レシートホルダー作り方_08
ゴムを引っかけてカバーをとじておく仕組みになっています。
0181_蛇腹式レシートホルダー作り方_完成
ホルダー部分はただの封筒なので、実際の商品よりはやわいんですが、何となく似たものに仕上がりました。ま、自己満足というやつです^^b

気になる大元は一体どんなものなのか…。
色もたくさんあるし、革のような風合いの手触りがなんともたまらないんですよね〜。

サイズも2種類あって、買うのを迷うほど高いものではないんですが、”作ってみたい欲”にかられてしまいました。

レシートを入れておくのもいいんですが、かわいいラベルとか切り抜きとかを集めていくちょっとしたフォルダとしても活用できますよね。ぜひ、作ってみて下さい。

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す