3分でできる!簡単ポケット付のノートカバーの作り方

0290_notebook_cover

お菓子の箱が包んであった大きな包装紙を使って、ポケット付のノートカバーを作ってみました♪

ペンとか付せんとかハサミとか、ちょっとしたものなら入れておけるから便利ですよ^^b


作り方は、ノートのサイズに折って、余分な紙を切るだけなので、めちゃくちゃ簡単です。
ポケット付ノートカバーの作り方
今回使った材料は、いらない折り目がついちゃってるような使い古しの包装紙だけど、違う模様がプリントされた両面印刷の包装紙とか、自分でスタンプとかペイントした大きな紙とかを使えば、もっとかわいいものに仕上がると思います^o^/

それでは、作り方をみていきましょ〜!

ポケット付ノートカバーの作り方

A5サイズのノートに対して、使った包装紙はこんな感じ。
あとでノートをクルッと包んでカバーする段階になって、要らない紙を少し切りました。
ポケット付ノートカバーの作り方
下の青い部分がポケットになる部分です。ポケットの口になる部分は、補強のために2〜3cmくらい折っておくのがおすすめ♪ノートの下の線(青線)で紙を折って、ポケットを作ります。

ノートの高さに対して3分の2くらいの大きさのポケットが出来たところです。
ポケット付ノートカバーの作り方
上の少し余っている部分はなくてもいいんですが、切るのが面倒だったのと、折れば補強にもなるっしょ^^;bってことで、裏側へ折って、包装紙の高さをノートに合わせました。

次は、ノートを差し込む部分を折ります。ノートの表紙と背表紙を上からすぽんと差し込むだけの作りなので、表紙の横幅に対して、3分の2くらい折っておけば安心かな。カバーがすぐに外れちゃっても困るし…。
ポケット付ノートカバーの作り方
ここにも付せんとか挟んでおけるので、ポケットを作るために折っておいた部分を斜めに折り込んで、出し入れしやすくしてみました^o^v

実際にノートを差し込むとこんな感じです。
ポケット付ノートカバーの作り方
あとはノートのサイズに合わせて、背表紙側も同じ様に折って、ノートを挟み込めば完成です♪
ポケット付ノートカバーの作り方
あとはもうお好みで必要なものを差し込んじゃってください^^b

ね、簡単でしょ?!でも、これじゃシンプルすぎてつまんないよ〜って方は、表のポケットに雑誌の切り抜きをペタペタ貼ってコラージュしたり、シールを貼ったり、リボンをつけてみたり、いろいろ自由にあそんでみると、もっと自分好みに近づくかも?!

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す