新聞紙と水のりで作る小物入れ!ペーパーマッシュの作り方

0146_thumbnail

身近なもので作れて、大人も子どもも楽しめる工作っていいですよね。

今回は、「ペーパーマッシュ」という新聞紙と水のりを使ったクラフトで、小物入れを作ってみました。


新聞紙から出来てるとは思えないほど、しっかりと仕上がるので、実用的なトレーとして活用できます。
0146_ペーパーマッシュの小物入れ
大人になってから絵の具を使ってペイントする機会なんて全然なかったんですが、思いっきり手を汚しながら夢中になるのも、たまにはいいですね。

それでは、作り方を見ていきましょう。

必要なもの

・型にする空き容器(でこぼこが少ないもの)
・新聞紙
・水のり(でんぷんのり)
・はけ
・アクリル絵の具とニス
・ジェッソ(なくても可)

ペーパーマッシュの作り方

STEP1:新聞紙を短冊に切る
新聞紙1枚くらい分くらいを短冊状に切っておきます。
0146_ペーパーマッシュの作り方_01

STEP2:水に浸した新聞紙をはる
水に浸した新聞紙を、なるべく重ならないように注意しながら、空き容器に貼っていきます。(ここではまだのりは使いません)
0146_ペーパーマッシュの作り方_02

STEP3:のりで新聞紙をはる
まず、のりと水を1:2で割ったものを用意します(以降、のり)。はけで全体にたっぷりとつけ、厚さが均等になるように場所をずらしながら、新聞紙を貼っていきます。
0146_ペーパーマッシュの作り方_03
ここでのポイントは、なるべく空気が入らないように、新聞紙をしっかりと密着させること。新聞紙を貼ったら、上から再度のりをつけ、平らになるように手でなじませます。

この作業を5〜6回繰り替えします。貼り重ねる回数が多い程、しっかりしたものが作れます。逆に少ないと、やわやわな仕上がりになってしまいます。

ここまでできたら、1日以上放置して、しっかりと乾かします。

STEP4:でこぼこな口をカットする
しっかり乾かすとあら不思議…。ぽこっと新聞紙が外れます。でこぼこになった断面をキレイにカットします。(気にならなければそのままでOK)
0146_ペーパーマッシュの作り方_04

STEP5:アクリル絵の具でペイントしてニスを塗る
アクリル絵の具でペイントをする前に、ジェッソという下地を2〜3回塗り重ねると、新聞紙の印刷文字を隠すことができます。
0146_ペーパーマッシュの作り方_05
下地が乾いたら、アクリル絵の具で自由にペイントします。アクリル絵の具が完全に乾いてから、ニスを塗れば完成です!
0146_ペーパーマッシュの作り方_06
絵心がないので^^;、消しゴムハンコを押したり、つまようじの先でドットを描いたりしました。そして、ニスがなかったのでMod Podge(モッドポッジ)を代用しました。
0146_ペーパーマッシュの作り方_完成
出来上がってみると、新聞紙でこんなにしっかりしたものが作れるのか〜と驚いてしまいます。そして軽い!!型にする空き容器を変えれば、いろんな形の小物入れを作って楽しめそうです。

ちなみに友人は、「これ幼稚園でやったことがある!」と言っていました。風船を型にすれば、紙皿や紙袋で作るよりもしっかりしたお面とか作れそうですね。

自由な発想でお試しあれ^^!それでは、また☆

追記:こんな小物入れもアリかな…と^^b。
ペーパーマッシュ第二弾!水風船を型にして作る不思議な形の小物入れ

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す