3つのクラフトパンチで魚を作ってみよう!

0261_paper_fish

魚型のクラフトパンチは使わずに、3種類の違う形のものを組み合わせて、胴体のうろこがヒラヒラとしたラブリーな魚を作る方法です。

もしかしたら、いつもとは違う使い方のクラフトパンチで新鮮さを再び味わえるかも?!


クラフトパンチって、種類が多い分、いろんな形を一気にまとめ買いするのはなかなか難しいですよね。でも、これとこれを組み合わせたら、こんな形を作れるかも…?なんて考えていくと、買い足していく楽しみが増えるかもしれません。

3つのクラフトパンチで魚を作る方法

魚を作るのに必要なクラフトパンチは、サクラ、デイジー、ポトスの3種類です。
魚を作るのに必要な3種類のクラフトパンチ
ここでは、CARLのスモールサイズのクラフトパンチを使っています。残念なことに、ポトスのパンチは廃盤になってしまったようなんですが、同じような形の物が、他の会社から出ているようです^^b

デイジーは3枚パンチして、半分に折って中央をのりづけします。花びらが交互にくるような状態で2つ折りにするのがポイントです。
デイジーを半分に折る
さぁ、ここまで来れば、あとは各パーツを組み合わせるだけです^o^/
クラフトパンチで抜いた3つのパーツを組み合わせる
サクラは顔、デイジーは胴体、ポトスは尻尾になります。

魚に目を加えたら完成です^o^/
サークルやシダのクラフトパンチがあると、海の中で泳いでいるような姿を演出できますよ♪
3種類のクラフトパンチで魚を作る方法
スモールサイズのクラフトパンチは結構小さいので、先が細いタイプのスティックのりや、ボールペンタイプののりを使うのがおすすめです。

手作りカードやしおり、スクラップブッキングなど使い方は様々です。

もちろん、魚を作る方法はこの組み合わせしかないという訳ではありません。手元にある形でも、切ったり折ったりさせれば、新しいものを形づくれる可能性は無限大です♪

クラフトパンチはそのままの形もかわいいけど、複数の形をこうやって組み合わせて、どんな形に出来るか考えたり作ったりするのも楽しみのひとつですね。

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す