折り紙でトートバッグを作ってみよう!

0289_origami_totebag

今日は、折り紙を使って小さなトートバッグを作る方法を紹介します♪かわいい模様入りの折り紙を使えば、さらにキュートになること間違いなしです^o^b

しかも自由度が高くて、同じ折り方で何通りものデザインを楽しめるんです!


何通りものデザイン…ってどういうことかというと、袋の開き方によって、まず2通りのデザインが楽しめます。で、持ち手の素材やつけ方を変えれば、さらに何通りものデザインを楽しめて、しかも、大きさの違う正方形の紙を使えば、バッグの大きさまで変えられるのです〜^o^/
折り紙トートバッグ
基本的な折り方は全く同じなのに、アイデア次第でいろんなアレンジが楽しめるっていうのは、なかなかおいしい…。偶然の産物としてうまれた折り方の割には気に入ってて、折り方も簡単だし、無意味に何個も作っちゃってます^^;

それでは、作り方をみていきましょう〜!

折り紙トートバッグの作り方

まずは、3×3のマス目が出来るように折り目をつけます。普通の折り紙はだいたい15cm×15cmなので、5cmの所に印をつけて、各マスが均等になるように折りましょう。
折り紙トートバッグの作り方1
上部3分の1を折った状態にしたら左右同じことをするので、左側で解説します。
青色の線を軸にして、①のポイント(折り紙の角)が②にくっつく様に、三角に開きます。
折り紙トートバッグの作り方2
三角に開いて折った部分(青線)を、青矢印がさしてるラインに合わせて折ったら、赤丸のはみ出た小さな三角部分を内側へ折り込みます。
折り紙トートバッグの作り方3
ここまでの工程と同じように右側も折ります。(↓写真左)
下部3分の1も上部と同じように折るんですが、折り上がった上部3分の1は一度開いた方が断然折りやすくなります。(↓写真右)
折り紙トートバッグの作り方4
一度開いた部分を折り直したら、こんな形に仕上がります。内側へ折り込んでおいた小さな三角4カ所は、のりづけしておくのがおすすめです。
折り紙トートバッグの作り方5
このまま、紙の持ち手を貼るのもありですが、紐が通せる様に穴をあけてみました。折り紙が重なった部分に穴をあけるから、ハトメがなくても、ある程度強度は保てますよ^^b
折り紙トートバッグ2通りの開き方
冒頭でお伝えした、「袋の開き方で2通りのデザイン」っていうのは、こういうこと↑です。パターン①の袋を、手前と奥に引っぱって折り目をつければ、パターン②になるんです^o^b 気分に合わせて、お好みの方をチョイスしてみてくださいね♪

こんな感じで、大小のトートバッグを組み合わせるってのもありかな。
折り紙トートバッグの折り方
基本の作り方がシンプルで、アレンジの自由度が高いクラフトはやみつきになっちゃいます^o^

折り紙サイズで仕上がるトートバッグは手の平サイズだけど、 正方形の紙なら何でもOKなので、大きな包装紙で作るのも良さそうですね。ただ、あまり重いものは入れて使えないだろうけど…。

ぜひお試し下さい^o^/
それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す