カルトナージュで余った厚紙と布を使って豆本をつくろう

0024_thumbnail

中途半端なサイズで余った厚紙と布、どうしてますか?

カルトナージュをしていると、どうしても余分な厚紙が出てきてしまいます。
どうにか活用できないか…と。そしたら思いついたんです。豆本作りって、カルトナージュじゃん!!


何かを作るには小さ過ぎたり、とっておいてもかさばるから捨てちゃえってなるくらいの厚紙の切れ端が、見事に大変身^^b
0024_豆本_1
作り方は、とっても簡単です!

カルトナージュで余った端っこたちでつくる豆本を

作り方は、京都伏見 海分舎さんの「簡単な豆本の作り方」を参考にさせて頂きました。
とても分かりやすい説明なので、参考にしてください。
0024_豆本_2
本文用紙(本の中身)を、ミーリングという手法でくっつけるのですが、これがすごい!!
重ねた紙の背になる部分に、ヤスリでキズをつけ、ボンドを塗るだけなんです。

え?それだけで、ちゃんとくっつくの?と不安でしたが、ちゃんとくっつきました。
ホッチキスや糸を使うよりも簡単だし、しっかりとページが開きます。

表紙の作り方は、まさにカルトナージュ。
中途半端に余っていた1mmの厚紙と端切れを使いました。
0024_豆本_3
しおりまでちゃんと付けるんです!! 見返し用色紙には、茶色い画用紙を使いました。
表紙とくっつければ、豆本の完成です。

はっきり言って、これ、はまりそうです。
カルトナージュの余り物で作れるから、厚紙と布の無駄が減らせる所がいい!!
ただ、何に使おう…? メモ帳にするには、小さすぎるんだよな…

サイズを大きくすれば、メモ帳にはなるけど豆本ではなくなるし。
パラパラ漫画でも描いて、本にしちゃおうかな。
と、豆本の用途をいろいろ模索中です。

いい案があれば、ぜひ教えて下さい☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す