5つのクラフトパンチでお花模様をがっつり楽しむ方法

0234_thumbnail

今日は、初心者でも使いやすい5つのクラフトパンチで、がっつりお花模様を楽しんでみようと思います。

カードやフォトフレーム、ウェルカムボードなどにも使えるのはもちろん、組み合わせやバランス、使用する画用紙の配色を変えるだけでも、多数の異なる雰囲気を演出できます。

揃えておきたい5つのクラフトパンチ

基本のお花となるデイジーは、大小2つあるととっても便利です。スパイラルは、大きい方1つだけあればいいかもしれません。
お花と組み合わせ抜群のクラフトパンチ
チューリップ型のクラフトパンチは、ぜひとも一緒に持っておきたい一品です。他にも、穴あけパンチがあると便利です。

クラフトパンチでお花模様を楽しんでみよう

デイジーの大と大、大と小を組み合わせてお花を作ります。
クラフトパンチでお花をつくる方法
花びらをずらして重ねるのもいいけれど、ピッタリ重ねてもまた違った雰囲気になります。
くり抜く画用紙を同系色にするorしないでも、がらっとイメージが変わります^^b

穴あけパンチがあれば、お花の中央にのせて、スパイラルの大小をバランスを見ながら配置していきます。
クラフトパンチでお花をつくる方法
今度は、デイジーの小とチューリップを組み合わせて、ガク付のお花を作ります。
デイジー小とチューリップを半分にカットしておきます。チューリップは、茎の上の方でカットするのがポイント^^b
クラフトパンチでガク付のお花
チューリップの葉っぱ部分を逆さまにして、全て重ねて貼れば、ガク付花びらの完成です。
これを加えると、雰囲気がちょっと豪華になるので気に入ってます♪
クラフトパンチでガク付のお花
この5つのクラフトパンチ+穴あけパンチを使って、気合いを入れてカラフルに作り込むと…、なかなかゴージャスなノートカバーになったりします^o^
クラフトパンチでノートカバー
こんな風に全体を豪華に飾るのにも、シンプルにワンポイントをつけるのにも使えるし、配色を変えるだけでも全然違ったものに仕上がるのがいいところ。

抜いたままの形だけでなく、複数の形を組み合わせたり、ひとつの形を変形させて他の形にも応用できたりすると楽しさも広がりますよね♪

全部のクラフトパンチを揃えて使いたい時に使えるものを…なんて夢はそうそう叶わないからこそ、数少ないクラフトパンチで何通りも楽しみたいんだな〜^^

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す