小さなおもちゃのフィギュアで作るマグネット

0084_thumbnail

以前ちらっと書いた動物フィギュアで作りたいクラフトって、これなんです。

かわいそうだけど、身体の中央を切断してマグネットを仕込むんです。


卓上の紙ばさみにもなるけれど、冷蔵庫につけても、顔だけ飛び出したりお尻だけ飛び出したりして見えて「絶対にかわいい!」とキュートなこのアイデアに一目惚れ。
0084_小さなフィギュアのマグネット_01
いくつか小さなおもちゃのが手に入ったので、グルーガンを使って作ってみました。

でも、残念ながら、おもちゃが固すぎて、切断できなかったんです>o<;
めっちゃ悔しいけど、路線を変更して、お尻にダイソーの強力なネオジムマグネットをお尻にくっつけてみました。
0084_小さなフィギュアのマグネット_02
使ったサイズは違うけど、ネオジムマグネットのすごさは、こちらから。

お尻にグルーガンでマグネットをつければOKと思いきや、グルーが冷えて固まってからちょっと引っ張ったら、ポロッと取れてしまいました。
0084_小さなフィギュアのマグネット_03
グルーガンの特長として「接着面がでこぼこしている程、接着力は強くなる」ということを思い出し、フィギュアのお尻とマグネットに、カッターナイフでキズをつけてから接着したら、今度はちゃんとくっついてくれました。小さなキズを面全体につけただけなのに、効果ありです。
0084_小さなフィギュアのマグネット_04
冷蔵庫につけると、こんな感じ。ネオジム磁石は強力だから、結構厚いものをはさんでもへっちゃらです。
0084_小さなフィギュアのマグネット_05
最初に作りたいと思った形にはならなかったけど、こんなクラフトもアリですね。

参考元:Toy Dinosaur DIY: Photo Holder
カッターで切断できるような柔らかいフィギュアが手に入ったら、ぜひともリベンジしてみたいです。

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す