透明ビニールと布でつくる中身が見える収納袋

0179_thumbnail

以前作った「手縫いでOK!雑誌の切り抜きをビニールコーティングして作るミニケース」で使ったビニールが余っているので、何かに活用出来ないかとアイデアを探していたら、とってもかわいい袋の作り方を発見したので、ご紹介。

中身が見える透明のおもちゃ袋です。


ひもでしぼるタイプの袋で底が丸くなっているから、中身をとりやすそうですよね。
0179_中身の見える収納袋_01
けど、これは手縫いだとちょっと厳しいかな…。

説明書きは英語だけど、工程ごとにたくさんの写真が掲載されてるので問題なし。
中学校以来ミシンを触ったことのない私にとっては、丸い底と側面のビニールにジグザグミシンをかけるのは、とても難しそうではあるんですが、完成品の必要なパーツとか手順などの”つくり”自体はちゃんと理解できます。
0179_中身の見える収納袋_02
ひもも同じ柄の布で作るっていうのが、めっちゃかわいいな〜。
中身が見える収納袋で、中身を取り出しやすいっていうところが、ポイント高し!

参考元:Clear Toy Storage Bags (with drawstring closure)

ちょうどハトメとかカルトナージュで使う金具とかがバラバラとたまっているから、こんな風にうまいこと透明ビニールを活用できたらいいなと思ってます。

出来れば縫わずに、ボンドとかを使って接着する方向で何とかならないかなー。

それでは、また☆

追記
この記事をご覧になった読者の方が作られた透明きんちゃくが、とっても素敵なのでちょっとご紹介♪記事はこちらから⇒透明きんちゃく

底が丸いタイプもかわいいんですが、感激したのは底が四角い大きめタイプ!
電車のおもちゃが上手いこと重なった状態で収納できてるんですよ〜。理にかなっているというか、ナイスアイデアです!ぜひチェックしてみてください♪

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す