シンプルだけど存在感がある大きなリボンのクラッチバッグ

0108_thumbnail

もしも自宅にミシンがあったなら、ぜったいに作りたいのがこれ!

持ち手をつけずに、ポーチにしてもペンケースにしても良さそうですよね。今回は、この大きなリボン付クラッチバッグの詳しい作り方です。


作り方は英語で書かれていますが、材料を含め詳しい作り方を写真で見せてくれているので、言葉がわからなくても、何とかなります。
0108_リボンのクラッチバッグ
ちなみに、「1yard=0.9144 メートル」で「1インチ (1″)=25.4mm」です。
ま、サイズは、自分が好きなように作れますよね。

紹介されている工程は、こんな感じ

1:外布を各ピースに裁断しておく
2:うち布を裁断する
3:接着芯を裁断する
4:ストラップ(持ち手)になる部分にアイロンをかける
5:ストラップを縫う
6:リボンのノット(中央部分)にアイロンをかけて縫う
7:リボンの両端を縫ってひっくり返し、ひだにしてノットに通す
8:外布と接着芯をアイロンでつけて、端を折る。内布も同様に。
9:リボンを布にくっつける。
10:ジッパーの裏側に内布をつける
11:ジッパーの表側に外布をつける
12:ストラップをつけて完成させる。
(ストラップをつける→外布を重ねて外周を縫う→内布を重ねて、返し口を残して縫う→ひっくり返す→返し口を縫ってとじる→完成♪)

この流れさえ分かれば、初心者でもなんとか写真を参考に完成させられるはず!
参考元:DIY: Bow clutch sewing tutorial.

もちろん手縫いでも作れるんだろうけど、やっぱり、こういうのはミシンだよな…

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す