四角い布でアームウォーマーをつくる方法

0198_thumbnail

最近よく見かけるようになったアームウォーマーを作ってみました。

手元をあったかく保てるのに、手袋と違って指先を自由に使えるから、買い物の時にわざわざはずす必要もなく、とっても便利です。


長方形に布を切って、親指を入れる穴をあけて縫うだけの簡単な作り方です。
0198_アームウォーマーの作り方
それでは、作り方を見ていきましょう。

長方形の布でつくるアームウォーマーの作り方

同じサイズの外布と内布を2枚ずつ用意します。
各サイズは自分の手と腕周りに合わせてください。
0198_アームウォーマーの寸法
外布にはマイクロスエード、内布にはシープボアを使いました。モコモコのあったか素材でつくるのがおすすめです。

STEP1:親指の穴を残してを縫う
裁断した全ての布を、親指を通す穴を残して縫い合わせて筒状にします。
0198_アームウォーマーの作り方_01

STEP2:外布と内布を縫いあわせる
外布だけ表にひっくり返したら、内布の筒の中に入れます。
0198_アームウォーマーの作り方_02
片側の口だけ、ぐるっと一周縫い合わせます。
0198_アームウォーマーの作り方_03
片方の口が縫えたら、内布の中に入れていた外布を引っ張りだし、内布にかぶせるようにして合わせます。これで、外布も内布も表面が外側に現れます。
0198_アームウォーマーの作り方_04
外布と内側の折りしろをそれぞれの布の裏側に折り込んで、コの字まつりで外布と内布を縫い合わせます。
0198_アームウォーマーの作り方_05

STEP3:親指の穴をコの字でまつる
あとは、親指を通す穴の折りしろを折り込んで、コの字でまつります。
0198_アームウォーマーの作り方_06
左右両方作れば、出来上がりです。片方の口を、親指を入れる穴の手前くらいまで折り返して使います。
0198_アームウォーマーの完成_01
実際にはめてみると、こんな感じです。
状況に合わせて、折り加減を調節して使うことが出来ます。
0198_アームウォーマーの完成_02
腕側は、腕が太くなり始める手前ぐらいの長さです。腕の一番太いくらいところまで長くしてしまうと、親指から上の指先のところがぶかぶかになってしまうので、これくらいがベストかな…と。

コの字まつりはちょっとだけ面倒で、モコモコ素材は縫い合わせにくかったんですが、単純作業なので思ったより簡単にできました。

もこもこのシープボアは、肌触りも良く、とってもあったかいので寒い季節に大活躍しそうな予感です。

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す