フェルトを使ってニードルブックを作る方法

0233_thumbnail

いろんな種類の針をまとめて収納するニードルブックの作り方です♪

手縫い用の針やサイズの違う刺しゅう針、ビーズ針など用途の異なる針を、いつでも取り出しやすいように保管しておける、なかなか便利なアイテムです。

ニードルブック材料

ベースはすべてフェルトで作ります。
10cm×7.5cmくらいの中身になるフェルトを4枚くらいと表紙になるフェルトを用意します。
ニードルブックのベース材料
表紙になるフェルトは、中身を作った後でひと回り大きなサイズになるように調整します。
ニードルブックを閉じておくためのボタンやひも、表紙のデコレーションはご自由に♪

ニードルブックの作り方

まずは、中身を作っていきます。
ここで、ひとつ問題が…。中身用に用意した4枚のフェルトを重ねてから2つ折りにすると、厚みで端がガタガタになってしまうんです。

だから、1枚ずつ重ねてそれぞれをかがる手法をとることにしました^o^/

STEP1:中身のフェルトをブック状にする
二つ折りにしたフェルトを4枚重ねて、糸を通すための印を4つつけます。
6本取りの刺しゅう糸を1枚目の右端か刺し始めて、左端の印から針が出るように刺します。
ニードルブックの中身の作り方
2枚目のフェルトは、1枚目の下に重ねて左端から右端へ向かって針を刺していきます。

3枚目・4枚目も同様に刺して、4枚目の右端から糸が出します。
これだと各フェルトがジグザグにつながっているだけの状態なので、3枚目の右端から1枚目の左端まで、矢印の方向に針を刺して、最後は玉止めしておきます。
ニードルブックの中身の作り方
針と糸でかがった4枚のフェルトは、開くとこんな感じです。
表紙に接着した際に中身に糸が通ってない部分(=フェルト通しの境目)のすき間が気になる場合は、細くボンドをつけて接着しておけば、最終的にはきになりません^^b
ニードルブックの中身の作り方
だったら、最初からボンドでくっつけちゃえばいいじゃんと思ったあなた、私も後で気付きましたよ…。でも、この方がブックっぽいっしょ^^;

STEP2:表紙用フェルトのサイズを調整する
中身用のフェルトが作れたら、表紙用のフェルトのサイズをひとまわり大きくなるように調整します。ポイントは、中身のフェルトを挟んだ時にも大きめサイズになること!
ニードルブックの表紙の作り方
この状態で中身を表紙にくっつけるだけでもいいんですが、布やリボンを使ってかわいくデコレーションするのがおすすめです。

STEP3:表紙用フェルトにデコレーションをする
表紙用のフェルトに布を貼るときは、折りしろを残した状態で四隅をカットした布を使います。隅をカットする時は、ギリギリで切らないようにしましょう♪
ニードルブックの表紙の作り方
ボンドをつけるのは、折りしろだけ。上下を貼ったら、隅をツメでキュッとしておくと、左右の折りしろを貼った時に隅がぼさっとなりません^^b

あとは自由に使い勝手よく…^o^/
ポケットをつけるときは、口の部分を三つ折りにしておききます。表紙に布を貼った時と同じように、折りしろを残してボンドで接着しました。
ニードルブックの表紙の作り方
裏側は、隅に近い部分で玉止め等をしてしまうと、中身をつけた時に見えてしまうので、注意してください。

STEP4:表紙に中身をくっつけて、ニードルブックの完成!
表紙と中身の中心を合わせたら、ボンドで両端のページを表紙にくっつければ完成です♪
フェルトニードルブック
こんな感じで、種類ごとにページを分けたりして針をまとめておけるニードルブックです。
ニードルブックの使い方
プードルの刺しゅうは、胴体や顔をバックステッチ&モコモコ部分をフレンチノットステッチで刺しました。裏につけたポケットには、はさみや糸通しを入れて使います。
ポケット付ニードルブック
ニードルブックって、必要とする人はそんなにたくさんいるもんじゃないですよね…。でも、小さな面積をギュッと飾ると、自然とそこそこかわいくなってくれるというのは、ちょっとした発見でした^o^

使った材料はすべて余り物だった割には、なかなか気に入ってます♪
やブック型〇〇の雑貨が好きなだけかもしれないけれど…。

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す