同じ大きさの布2枚を使った封筒型ポーチの作り方

0201_thumbnail

今回は、ずっと前から作ってみたかった封筒型のポーチの作り方を解説していきます。

一度作り方を覚えてしまったら、横長や縦長のいろいろなサイズの封筒型ポーチづくりを楽しめますよ♪


同じ大きさの外布と内布を2枚用意したら、大体3等分に折ってみて、バランスを見ながら寸法を決めてつくります。
0201_封筒型ポーチの作り方

封筒型ポーチの作り方

STEP1:同じ大きさの外布と内布を用意する
赤い★が同じ長さになるようにして寸法を決めたら、縫い代を1cmつけて外布と内布を裁断します。
0201_封筒型ポーチの作り方_01

STEP2:布を中表に合わせて縫う
外布と内布の表同士を重ね合わせたら、両端の赤線部分を縫います。縫い終わったら、青い★の縫いどまりを合わせて、外布と内布それぞれの青い線(中央)の位置が山折りになるように重ね合わせます。
0201_封筒型ポーチの作り方_02
重ね合わせたら、縫い代を割っておきます。
まずは、外布の両脇(赤線)を縫い合わせます。
0201_封筒型ポーチの作り方_03
今度は、封の部分を外布側へ倒して、内布の両脇(赤線)を、片方は返し口を残して縫いあわせます。返し口から全体を表にひっくり返したら、返し口をまつります。
0201_封筒型ポーチの作り方_04
一度アイロンをかけたら、封の周りと入れ口の手前の部分2mmのところを縫います。
これで、封筒型のふくろになりました。
0201_封筒型ポーチの作り方_05

STEP3:スナップボタンをつける
本当は、マグネットボタンにしたかったんですが、家になかったので、スナップボタンをつけました。
0201_封筒型ポーチの作り方_06
スナップボタンのつけ方こちらの記事から:
手縫いでOK!雑誌の切り抜きをビニールコーティングして作るミニケース

これで封筒型ポーチのできあがり。
スナップボタンだと、縫う前に位置合わせをしなくてもいいので、楽チンでした♪
0201_封筒型ポーチの作り方_完成
封の部分が長くなるように寸法を変えて、ひもをはさんで縫い合わせたら、くるくる巻くタイプのペンケースにもなります。
0201_封筒型ポーチ_別バージョン
キルト綿をはさんでふわっとさせたり、接着芯を貼ってぱりっとさせたりするのも良いですね^o^b

さてさて、この封筒型ポーチ、いつもよりも早く完成させることが出来ました。
なぜかと言うと…、ずっと悩み続けていたミシンをゲットしたからです!中学校以来使ったことがなかったので使えるか心配だったんですが、案外すんなりいけました。ただ、上手に縫うにはまだまだ練習が必要です^^;

もう少し慣れてきたら、ミシン(brother PS205)のレビュー記事もアップする予定です。超初心者からの目線になりますが…。

このブログでも紹介して、ずっと作りたいと思っていたけどミシンがなくて…と諦めていたものたちにも、挑戦していきたいと思ってます。

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す