カルトナージュのカードケースの作り方:布で蛇腹を作る方法

0036_thumbnail

今回のカルトナージュで作るのは、カードケースです。

作り方は、色画用紙で簡単にできる蛇腹のカードケースの作り方の応用編したもので、画用紙ではなく布を使って、側面と底がひとつなぎになった蛇腹を作ります。


画用紙で作るよりも、強度があるし、いろんな柄のカードケースを作って楽しめます。
0036_布で蛇腹のカードケース
それでは、作り方を見ていきましょう。

ポイントは、薄い布とコピー用紙

A4サイズのコピー用紙1枚と薄い布90mm×510mmを用意して下さい。
ケント紙では分厚過ぎて、失敗続きでした。コピー用紙がベストです。
普通の厚さの布で作っても見ましたが、試作品どまりでした。
まずは、コピー用紙で蛇腹を作ります。(こちらで、概要を確認できます。)
0032_蛇腹のカードケース_作り方01
蛇腹が出来たら、一度開いて、シャープペンの跡をキレイに消しておきます。
両端10mmの部分は、のり付けしておいて下さい。
※グレーの三角部分は、まだ切りません。
0036_布で蛇腹の作り方_1

薄めていないボンドとアイロンを使うのがコツ

カルトナージュの時って、ボンドを水で少しだけ薄めてから使いますよね?
でも、そのボンドを使うと失敗します。乾いたときに、コピー用紙と布の間に空気が入って、しっかりとくっついてない部分が出てくるんです。

だから、薄めていないボンドを薄く均等に全面に塗る事を心がけてください。
そして、薄い布を使うので、引っ張りすぎないように気をつけて下さい。

布を、内側の底辺から貼っていきます。最後にはみ出ないように、5mmくらい側面にかぶるようにします。右側面、底、左側面の3ブロックに分けて、1ブロックごと塗っていくとグッドです。
0036_布で蛇腹の作り方_2
内側の底と左側面が接着できたら、一度、低温ドライのアイロンをかけます。

そうすると、布とコピー用紙がパリッとするので、今度は、蛇腹に折って跡を付けてから、アイロンがけします。
0036_布で蛇腹の作り方_3
蛇腹を手で平たく戻してから、裏側も同様に、ブロックごとにボンドを薄く伸ばして布を貼り、アイロンで一度真っ平らにしてから蛇腹に折って癖づけをします。
0036_布で蛇腹の作り方_4
癖づけした蛇腹を手で平たく戻し、ひっくり返します。

側面の付け根になる位置より5mm程度長く布をカットし、その5mmを折り曲げてから、最後のブロックを接着します。これまでと同様に、一度平たくアイロンがけしてから、蛇腹に折ってアイロンをかけます。
0036_布で蛇腹の作り方_5
全面に布が貼れたので、蛇腹を最終形態まで折って、アイロンをかけます。
0036_布で蛇腹の作り方_6
これで、蛇腹の出来上がり。
このまま続けて作業する事も可能ですが、一晩乾かしておくのがおススメです。

ケント紙と1mm厚紙でカードケースに仕立てる

ケント紙で内側をつくる
65mm×95mmを2枚 (内側の側面)

まずは、蛇腹のグレーの三角部分を4カ所かっとします。
ケント紙に布を貼り、①の様に四隅をカットしてから、②の様に貼付けます。
0036_布で蛇腹の作り方_6
蛇腹と接着します。側面を貼ってから、底を貼って下さい。
反対側も、同様に行います。
0036_布で蛇腹の作り方_7

1mm厚の厚紙で外側をつくる
70mm×100mmを2枚 (側面)
15mm×100mmを1枚 (じゃばらの厚み部分)
30mm×100mmを1枚 (ふたになるところ)

次に、厚紙で外側を作ります。
2枚カットした70mm×100mmのうち、1枚は単体で布を貼り、もう一枚は他の厚紙と平行に並べて、1枚の布でつなげます。ブック型のカルトナージュの手法です。

ここでは、2mmの間をあけて、3枚の厚紙を並べます。
0036_布で蛇腹の作り方_8
カードケースの内側の厚紙が見えないように、布を貼ります。
外側用に使った布が少し厚めの物だったので、切りっぱなしの状態で貼りました。
2mmあけた溝の部分を、へらでしっかり跡づけして下さい。
0036_布で蛇腹の作り方_9
あとは、蛇腹の両側に外側の厚紙を貼付ければ完成です。
0036_布で蛇腹の作り方_完成

ふたを閉じる方法

マジックテープやスナップボタンで止める方法など、いろいろありますが、今回は、ハトメパンチを使って穴をあけ、ひもを通してみました。
0036_布で蛇腹の作り方_ハトメパンチ
いろんな角度から見ると、こんな感じです。
0036_布で蛇腹のカードケース2
いかがでしたか?手間はかかりますが、しっかりしたカードケースが作れます。

実はこのカードケース、ここまで辿り着くまでにかなりかかりました;_;
自分でもどうしてか分からないくらい、側面と底がひとつなぎになった蛇腹づくりにこだわっていて、試行錯誤を繰り返す日々でした。私のカルトナージュライフの中で、一番思い入れの強い作品です!

みなさんのコメント、ぜひぜひお待ちしております!

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す