初心者向けカルトナージュの作り方 -布箱の基本- vol.4

0014_thumbnail

ふたと箱が一体型のシンプルな長方形ボックスのカルトナージュレッスン4回目は、ふたを箱にくっつけて内側に布を貼り、いよいよ完成させます!!

前回までの解説は、以下を参考にして下さい。
vol.1 カルトナージュに必要な材料と道具、設計の考え方
vol.2 作業の大まかな流れと箱の組み立て (STEP1〜3)
vol.3 箱の外側と底の布を貼る(STEP4〜7)


STEP8: 箱のふたを作る
残っている60mm×100mmの厚紙に、折りしろを10mmずつ加えた布を貼ります。
四隅は、3mm程度余裕を持たせて斜めにカットします。
0014_工程08_1
長辺を先に貼り、隅を爪でキュッと折り込んでから、短辺を貼ります。
0014_工程08_2
ふたを装飾したい場合は、ここでします。
今回は、パールビーズで作ったモチーフをつけました。
レースやリボンをボンドで貼ったりしてもかわいくなります。

ふたの表側から目打ちで穴をあけてモチーフがついたテグスを通し、裏側で何度か結びます。裏側のあけた穴に、爪楊枝でボンドを入れこむようにつけ、テグスを割るようにして水ばりテープ、もしくは紙の切れ端にボンドを付けてはっておいて下さい。
0014_工程08_3
表側のパールビーズが、ぐらぐらと不安定だったので、爪楊枝でボンドをつけました。
ボンドは、乾くと透明になるので、多少はみ出しても大丈夫です。

これで、ふたが仕上がりました。
0014_工程08_4

STEP9: 箱にふたをつける
蝶つがいになる部分の外側にあたる部分に、ボンドをつけ、ふたを接着します。
写真の様に紙を敷くと、ボンドが付けやすいです。
位置を合わせながら箱の上にふたをのせ、内側からへらを使って、箱に残しておいた蝶つがい布とふたを、しっかりとくっつけます。
0014_工程09_1
次に、蝶つがいを内側からカバーする布を切って、まずは箱側の側面に接着します。
高さは25mm程度、よこ幅は厚紙が見えない程度に、適宜調整して下さい。
0014_工程09_2
ふた側にもボンドをつけて、まずは垂直になるよう軽くつけ、開いた時のふたの角度を調整します。この時、厚紙の断面にも布がしっかりと密着するよう、へらでしごきながら接着します。
0014_工程09_3
ふたの角度を調整し、箱にふたが接着できたら、閉じたふたにしばらく重りを置いておきます。ただし、蝶つがいの部分からボンドがしみ出してくっつかないよう、時々ふたを開いて様子を見るようにしてください。

STEP10: 箱の側面の内側の布を貼る
まずは、長辺から準備します。
STEP2でカットした長辺の内側用ケント紙が、箱の中にすっぽり入るよう調整します。
折りしろ10mmを加えた布を貼り、四隅をカットし、長辺のみ折って箱に貼ります。
0014_工程10_1
箱にボンドをつけ、へらを使って細かい部分もしっかりと接着します。
ふちが後から浮いてこないよう、気をつけて下さい。
0014_工程10_2
短辺のケント紙も同様に調整し、折りしろ10mmを加えた布を貼ますます。
四隅をカットして長辺を折って貼ったら、短辺も折って貼り、箱にボンドを付けて接着します。へらを上手に使い、全面しっかりと密着させるのがポイントです。
0014_工程10_3

STEP11: ふたの内側を貼る。
最後のケント紙が、写真くらいの大きさになるように調整します。
箱の中にすっぽり入らなくても、2mmの厚紙の断面よりも小さい程度です。
サイズが大きすぎると、ふたを閉じたときにはみ出すので注意してください。
0014_工程11_1
折りしろ10mmを加えた布をケント紙に貼り、四隅をカットし、長辺と短辺を折って貼ります。後から浮いてこないように、全面にしっかりと薄くボンドをつけ、貼付ける位置に気をつけながら、ふたの裏に接着します。

お疲れさまです!! ふたと箱が一体型の長方形の小箱が完成しました☆
0014_工程11_2
あれ?でもちょっと物足りない?と感じたあなた、STEP12へ進んでください。

STEP12: 箱の周りをレースで飾ろう
レースのつけ始めは、外側の布をはり始めたポイントからスタートします。
ボンドは箱側につけ、レースをしっかり抑えながら貼っててください。
はじまりとおわりだけは、レースの幅分ボンドをつけ、それ以外は、上の方に少しボンドを付けるようにします。
0014_工程12
ついに、完成です!!
0011_完成品

一から作るのは大変で手が出せない…という方には、カット済の厚紙が入ったカルトナージュキットがおすすめです。

手芸材料の専門店 つくる楽しみなら、レシピ付のキットがたくさん揃ってます。
2段ソーイング
ボックス
六角形ボックス ハートボックス
2個入
オーバルボックス

自分では作るのが難しそうな形のキットもあるので、気軽に挑戦出来ますね。

さて、初心者向けカルトナージュの作り方第一弾はいかがでしたか?
ここが分かりにくかった、ここをもうちょっと詳しく知りたい等など、何でもOKなので、ご意見やご感想をお待ちしております☆
かしこまる必要なんてありません。ぜひ、お気軽にコメントください^o^/

STUDIO PACOTでは、今後もカルトナージュの作り方を紹介していく予定です。
そのときは、またお付き合いくださいね。それでは、また☆

ベースが同じ小箱に違うタイプのふたをつける方法はこちらから
初心者向けカルトナージュの作り方 -布箱の基本- vol.5 ふたの応用編
いろんなふたの作り方を知ると、カルトナージュの楽しさがさらにアップします♪

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す

  1. マッキー より:

    はじめまして。
    作品の数々とてもかわいいですね。
    以前名古屋に住んでいたこともあり勝手に親近感をもって楽しく拝見しています。
    以前からカルトナージュに興味があり、最近キットを購入し、初カルトナージュに挑戦してみましたが完成度はいまいちでした。
    こちらで詳しく載っているので参考にさせていただき、次の作品の完成度を上げようと思っています。
    いろいろとお勉強になりましたが一つ質問させてください。
    内側の生地をケント紙につけて1日おいておいたら、ふにゃふにゃと波うってしまいました。
    1日おかずに続けて製作するべきだったのでしょうか?
    それともボンドの塗り方等で回避できるものでしょうか?

    • STUDIO PACOT より:

      このブログをカルトナージュの参考にしてくださって、ありがとうございます!
      とてもうれしいです^^ 名古屋にいたことがあるなんて、私まで親近感がわいちゃいます。

      さて、ご質問頂いた件、自分なりに考えてみました。

      > 内側の生地をケント紙につけて1日おいておいたら、ふにゃふにゃと波うってしまいました。
      画用紙を使うと、結構ふにゃふにゃになるのですが、ケント紙を使っておられるということなので、1日おいたとしても、通常は、気になる程ふにゃふにゃにならないと思います。
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      そこで、考えられるのが、この2つです(特に①)。
      ①ボンドを薄める時の水の量が多すぎた
      ②使用した布が薄い
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      どうでしょう?思い当たる節はありますか?
      ボンドを使って、布とケント紙を貼ると多少はふにゃっとしますので、布からボンドがしみ出してないことを確認してから、全面に重しをおいた状態で1日おいておくのも、ひとつの手だと思います。

      > 1日おかずに続けて製作するべきだったのでしょうか?
      ケント紙に貼った内側の布と箱を接着する時、パリパリに乾いたものよりも、ボンドをつけたばかりで少々湿ったものを使った方が、接着しやすいかなという気はします。

      正直なところ、出来ればそのまま箱に接着するまでの作業を、同じ日にやった方がよいのかな…とも思います。

      > それともボンドの塗り方等で回避できるものでしょうか?
      やはり、ボンドの薄め方・塗り方が一番の原因ではないかと思います。

      私自身も、布だけ貼っておいたケント紙を数日放置したこともありますが、特に気になることもなく、そのまま使った覚えがあります。
      過去にボンドについてまとめた記事がありますので、一度参考にしてみて下さい。

      少しでも、マッキーさんのお役に立てれば良いのですが…
      次回作の完成度がUPすることを祈ってます☆

  2. マッキー より:

    とっても丁寧な回答ありがとうございました。
    ボンドはよく出回っているカルトナージュ用グルーというものを薄めずに使用しました。
    薄くむらなく全面に!ですよね。
    頑張ってみます。
    はやくお気に入りの一箱ができるといいのですが^^;

    • STUDIO PACOT より:

      「カルトナージュ用グルー」を使用されていたんですね。
      私は安価に手に入る木工用ボンドしか使ったことがなくて、それについては何ともコメントできなくてごめんなさい。

      いずれにしても、塗り方のコツは活かされると思います!
      お気に入りの一箱ができるよう、陰ながら応援してます。がんばれ〜!