100均材料で簡単に出来るピアススタンドの作り方

0196_thumbnail

ピアスって、かわいいと思って買ったは良いけど、家に帰ってよくみたら、似たようなやつを持ってて、いつのまにか同じようなものばかり増えてしまうこと、ありませんか?

今日は、めちゃくちゃ簡単に作れて、見える状態で収納できるピアススタンドの作り方です。


費用は100円〜300円で、材料は全て100円ショップで揃います。
出来上がりはこんな感じ♪ 悪くないでしょ?!飾りながらしまっておけば、ペアをなくすこともなくなるはず…。
0196_ピアススタンドの作り方
それでは、作り方を見ていきましょう!

100円ショップで用意するもの

家にあれば、それを使えばいいし、他のもので代用出来る場合もあるんですが、ピアススタンドの主役は、この「鉢底マット」です。園芸用品のコーナーに置いてあります。
0196_ピアススタンドの材料
本来は、植木鉢に土を入れる前に底に敷いて使うものらしいく、簡単にはさみでカットして使うことができます。

あとは、この2つ。
・写真立て
・机や椅子の足に貼る厚めのフェルトシール

フェルトシールは、ほんの少ししか使わないので、わざわざコレを使うために買わなくても、家にあるフェルトや厚紙などで代用できます。

簡単ピアススタンドの作り方

まずは、鉢底マットをフォトフレームの大きさに合わせてカットして、フレームにセットします。
0196_ピアススタンドの作り方_01
次は、フェルトシールを写真立ての溝の幅に合わせて小さくカットし、四隅に貼ります。全辺に貼らなくても、大丈夫です。
0196_ピアススタンドの作り方_02
あとは、写真立ての裏をはめれば完成です。
フェルトシールを貼らずにフレームの裏をはめると、ピアスを引っかけづらいんです。こうやって隙間をつけることによって、楽に引っかけられます。
00196_ピアススタンドの作り方_03
写真立ての中に入れなくても、適当な大きさに切った鉢底マットの周りにだけフェルトシールを貼っておいて、ひもなどで壁に吊るすっていうのもアリですね^^b

さてさて、ここでお気づきの方もいるとは思うんですが、このピアススタンドの最大の弱点は、引っかけるタイプのピアスにしか使えないこと。

残念ながら、キャッチャー付タイプのピアスは、鉢底ピアスのメッシュの穴を広げたりして試しては見たんですが、安定して引っかけることは出来ませんでした…。

引っかけるタイプのピアスがお好きな方、おすすめですよ。

それでは、また☆

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す