ダイソーのグルーガン(315円)を使ってみました

0081_thumbnail

ずっと試してみたかった、ダイソーのホビー用グルーガン(ホットグルー)のレビュです。

グルースティックと呼ばれる樹脂を溶かして接着する道具で、木や紙や布はもちろん、金属や石、プラスチックやタイル等に使えます。


実際に使う前は、ボンドで接着できないものにも使えて便利そうというイメージがありましたが、同時に、樹脂がドロドロと溶けて使いにくいのかも…と考えていました。
0081_グルーガンとグルースティック
いざ使ってみると、「なかなかいいじゃん!」と感じる部分と、「そんな面もあるのか…」と購入前には気がつかなかった部分があったので、まとめてみます。

グルーガン&グルースティックの用途と特長

グルーガンを使うには、グルースティックも一緒に購入する必要があります。ダイソーでは、グルーガン(315円)、グルースティック(7.5mm)24本入り(105円)です。
用途
・手芸、装飾、リース作り、穴埋め、仮止め、電線・電子部品の仮止め
・金属、紙、布、石、プラスチック、タイルなどにも使える

どんなものにでも使えるようですが、以下のものはNGです。
・力がかかるものへの接着
・温度が高くなる場所への接着や、熱に弱い材質への接着

特長
・グルーガンにグルースティック(樹脂)を差し込み熱で樹脂を溶かして使う
・熱が冷めれば固まるので、短時間で接着できる
・接着面がでこぼこしている程、接着力は強くなる

ちなみに、セリアでグルーガンは、105円で売っています。200円の差は何かというと、コードの長さです。ダイソー商品のコードは150cmくらいあるのに対して、セリア商品は驚く程短いです。

実際にグルーガンを使ってみました

グルーガンの挿入口から、グルースティックを奥までしっかりと差し込みます。立てて置いておけるけど、コードがごわごわ固いのに対して本体が軽いから、気をつけないと、倒したり、コードに引っ張られてテーブルの下に落ちたりします。
0081_グルーガンのレビュー_01
※プラグをコンセントにさすと、グルー(樹脂)が溶け出るので、本体の下に厚紙など耐熱性のものをしいておくようにとのこと。

電源を入れるスイッチ的なものはなく、コンセントを差し込むと、5分くらいで本体が熱くなり、トリガーを引くと溶けたグルーが先端から出てきます。
0081_グルーガンのレビュー_02
出てきたグルーは、数秒で冷えて硬くなるので、接着する作業は手早く行うのがコツ。
使用感は、購入前に心配していた「樹脂がドロドロと溶けて使いにくい」感はないけど、グルーをつけ終わる時にこすりつけるようにしないと、グルーが糸を引く!!

扇風機の風でビョンビョン伸びたりするもんだから、糸を引かないようにするのが少し難しいと感じました。ま、使っているうちに慣れるでしょう。

せっかくだから、フェルトリボンのマグネットを作ってみた

木工用ボンドだと、フェルトを接着するのに多少時間がかかるし、フェルトと磁石はくっつかなさそうだから…ということで、すべての接着作業をグルーガンでしてみました。

STEP1:3つのフェルトパーツで、リボンを作る
0081_グルーガンのレビュー_03
やっぱり、グルーをつけると糸引くな〜。接着する部分を早く抑えないと固まっちゃうから急ぐんだけど、溶け出たグルーは、かなり熱い!!

手についたら、十分にやけどするほど高温です。
このフェルトリボンの作り方は、こちらの4つ目を参考にしました。

STEP2:フェルととマグネットを接着
0081_グルーガンのレビュー_04
これはいい!難なく、すんなり接着できました。10秒もたたないうちに、しっかりとくっついています。

その他のこと

0081_グルーガンのレビュー_05
・使わないときに立てておいたら、グルーがちょろっとたれて固まっていた
・グルースティックが短くなったら、新しいものをさすだけで無駄なく使い続けれる

便利だけど、十分注意しないと「やけど」につながります

結果として、グルーガンはとっても便利と感じました。フェルトくっつけるのにも、針と糸で縫わなくていいから、めちゃくちゃ早く完成させられます。

が、安全面から、子どもがひとりで作業する時に使わせるのは、おすすめできません。なぜなら、グルーガンの先端ノズルはもちろん、トリガーの上の柄の部分や溶け出たグルーが、かなり高温になるからです。

それに加え、本体が軽すぎるから、不意に手が当たって本体がテーブルから落ち、足に当たってやけどする…なんて可能性も十分にあります。

300円だから、あまり大声で文句も言えませんが、ON/OFFの切替えスイッチがないのも気になるところ。電源を切るには、コンセントを抜く必要があり、抜き忘れたら本体は高温のままで危険です。

大人でも気をつけないとやけどします。便利な道具だからこそ、上手に安全に使いたいですね。
それでは、また☆

※2012年08月現在の商品情報なので、変更の可能性もあります。あしからず。

スポンサードリンク

コメント

コメントくださる方はクリック

コメントを残す

  1. し(・v・)ノ より:

    はじめまして
    グルーガンが欲しかったけどと二の足踏んでましたが記事読ませていただきました。
    使ってみたくなりました。(*^^*)
    リボンも作ってみたいです。

    • STUDIO PACOT より:

      コメントありがとうございます。

      私も、実は数ヶ月もグルーガンを買おうかどうか悩み続けてたんですよ^^
      今となっては、やっぱり便利と気に入ってます。ただ、本当に高温になるので、やけどには注意してくださいね。
      リボンもぜひ作ってみてください☆

      マグネットをつける場合は、普通の磁石より「ネオジム磁石」という強力な磁石がおススメです。それも、ダイソーにあるんで、チェックしてみてください。

  2. より:

    はじめまして
    ダイソーのグルーガンは使ったことないですが、
    一般の、数千円のグルーガンにもオンオフ切り替えスイッチはついていません
    構造上出来ないのかも?
    というか本来グルーガンはもっと大きなものを接着させるのに使うので、
    ちまちま使っていちいちプラグを抜くという使い方は想定されてないのかなと思いました
    以上、私が今まで使ったことがあるグルーガンの紹介でした^^;